line

2012年 01月 05日 新年あけましておけでとうございます。

願い玉(Wishball)のお話をします。

昨年3月11日の震災後、工房の早川美奈子は、自分自身が職人として、出来ることは「ものづくり」しかないと考えました。そして、被災された方々にメッセージを伝えようと、ひとつひとつに意味を持つ、日本固有の文様を施した「起き上がり小法師」の製作に取り組んで来ました。

会津若松市で1月10日に開催され400年の歴史を持つ初市

「十日市」が、エキュート東京さんにやってきます。

工房からは、赤べこ・辰張り子の他、早川美奈子の願い玉も限定販売致します。

願い玉

麻の葉文様 (左)

麻の葉は、すくすく真っ直ぐに成長するという特徴を持っているだけでなく、とても強く丈夫であるため、親が子へ託す願いが込められています。

七法文様 (右)

無限につながる輪から、円満や財産、子孫繁栄などの意味が込められております。

画像の説明

梅文様 (左)

清楚・知恵を意味し、松・竹と並ぶ慶事の象徴です。

星文様 (右)

星は運命を司る神として、古来より信仰の対象となっております。

画像の説明

唐草文様

過去から未来まで、変わらぬ幸福の連続を意味します。四方八方に途切れることのない文様は、ずっと幸せを意味します。

画像の説明

波文様

水は清める意味を持ち、好機が波のように途切れることなく訪れる幸福を意味します。

画像の説明

会期 1月10日(火)〜22日(日)

エキュート東京(JR東京駅構内1階サウスコート内イベントスペース粋)

リドルデザインバンク 塚本太朗さん、キュレート会津 鈴木里美さん、お世話になります。 


2012年 01月 08日 SWAK

1月7日発売。ファッション誌SWAK誌面で、野沢民芸を紹介していただきました。

その中には、早川美奈子とアーティストICONIQさんとの対談もあります。とてもリラックスした取材の模様は、表情からも感じていただけると思います。

画像の説明 画像の説明 画像の説明

朝早くから、取材の為にお越しいただいた ICONIQさんとクルーの皆様に、御礼を申し上げます。楽しい時間をありがとうございました。それにしても、本当に可愛らしい素敵な方でした♪v(*'-^*)v♪


2012年 01月 12日 RCC中国放送

起き上がり小法師と会津について、早川美奈子が、ラジオで話します。RCC中国放送 和佐由紀子のうららか日曜日「東北おみやげめぐり」のコーナーです。

放送日 1月15日(日) 朝10:05〜

広島の皆さん、よろしくお願い致します。

画像の説明

ラジオの持つ情報や人と人をつなぐ力に、私達は本当に勇気づけられています。

いつもありがとうございます。


2012年 01月 30日 「赤べこプロジェクト」展 山形

「赤べこプロジェクト」展が、山形まなび館様で、開催中です。お近くの皆様は、是非、お立ち寄り下さい。アーティストさんが製作した「赤べこ」も増えているようです。

画像の説明

「赤べこプロジェクト」とは

3月11日の東日本大震災からの復興には、長い時間がかかると言われています。

私たちはこの復興への問題意識を風化させることなく、長期的に支援していくために「赤べこプロジェクト」を始めました。

赤べこは、今から約1,200年前の大同2年(807年)徳一大師が会津の地に福万虚空蔵堂を建立した際、どこからともなく赤毛の牛が現れ、大変な重労働を手伝い、お堂を完成させて守り神になったという伝説に由来している縁起物です。

その後も、会津で伝染病が流行った時に、赤べこを持っていた人だけが病にならなかったということで災難除けのお守りとしても大切にされています。

赤べこプロジェクトは、そんな福島県の縁起物であり、郷土玩具でもある赤べこを日本を代表する様々なクリエイターたちとワークショップで参加下さったみなさまが、自由な発想でペイントすることで、今までにないオリジナル赤べこを作ることにより、東北の復興支援を応援する活動です。

私たちは、この展覧会を日本各地で開催することで、様々な人々に「東北」を思い出してもらい、問題意識の風化を防ぎたいと思っています。

また、復興の過程で新しい日本をつくっていくには、クリエイティビティ"創造力"が必要です。全国の子どもたちが日本を代表するクリエイターたちの作品に触れることで刺激をもらい、彼らが大人になった時に新しい日本をつくるクリエイティビティ溢れる人材になって欲しいとの想いもあります。

展覧会では募金箱の設置をはじめ、 福島県会津の熟練職人達が作った既製品の「赤べこ」とクリエイターおよびワークショップでの赤べこ作りに使用している特別に制作していただいた「白ベコ」を販売し原価を除いた売上を日本赤十字およびあしなが募金を通し被災地へ寄付します。

「赤べこプロジェクト」展実行委員会

ジェイムス下地(作曲家・音楽プロデューサー)

松尾卓哉(クリエイティブディレクター)

ヒロ杉山(アーティスト)

小西利行(クリエイティブディレクター/コピーライター)

谷田一郎(演出家)


2012年 01月 31日 山形

会津のお隣り、山形県にも、雄大な自然と、美味しい食べ物が沢山あります。少し思い浮かべるだけでも、肉そば、ラフランスラスク、納豆餅・・・。

きっと、山形まなび館様を運営されている、螢灰蹈鵑粒様は、良いお店をご存知だと思います。観光でお出かけの際は、伺って、お聞きしてみてはいかがでしょう。

画像の説明

コロンさんは、由来どおり、とても素敵な方々です。